バレンシアガの修復事例・洗浄事例 クリーニングを超えたケアメンテ

はじめに

バレンシアガは、1914年にクリストバル・バレンシアガにより設立されたファッションブランドです。
創業当時はスペインに本店を構えていましたが、1930年代にパリに移転し、それ以来パリを本拠地としています。
レディースアイテムを中心に、シューズ・バッグなどのレザーグッズ、時計や宝飾品、香水などの商品を展開。非対称の5角形の断面を持つボトル、スタッズで装飾した財布・バッグなどがブランドアイコンとして知られています。ハリウッド女優のスナップ写真などでもよく見かけられるブランドのひとつです。

事例紹介:クリームの半袖ブラウス

【Before】
バレンシアガのクリーム色の半袖ブラウスです。レーヨン、シルク、アセテートとケアの難しい素材を使っています。

【After】
風合いが変わり、型崩れしてしまうために水洗いが難しいとされるシルクやレーヨンなどでも、ハッピーケアメンテなら水系洗浄に対応。独自の水洗い技術「アクアドライ」を支えるのは、ドレープ性が高くバルーンシルエットも再現できる高いプレス技術です。

【Before】
淡い色のお洋服は、汗のかきやすい首元のシミや黄ばみが目立ってしまいます。

【After】
扱いの難しい素材のお洋服についたシミ・黄ばみも「リプロン シミ汚れ落とし」「リプロン 黄ばみ取り」でキレイに除去しました。

事例紹介:黒系柄のギャザーワンピース

【Before】
衿にフリルがついた黒系柄のギャザーワンピースです。レーヨン、シルク、トリアセテートなどデリケートな素材が使われているため、ケアラベルには「水洗い×」となっています。

【After】
デリケートなお洋服のケアはハッピーケアメンテにお任せください!独自の水系洗浄技術「アクアドライ」でキレイに洗い上げます。

【Before】
一般的なドライ洗浄では、シミや黄ばみが落ちないでお困りの方も多いはず。

【After】
ハッピーはオシャレなお客様の強い味方です。首元の黄ばみも「リプロン 黄ばみ取り」ですっきり落としました。

【Before】
繊細な柄の白地がきつく黄ばんでしまっています。

【After】
ハッピーの「リプロン」技術でシミ・黄ばみをキレイに除去しました!黒柄の色合いはそのままに、色にじみなどもなく、まるで新品のように蘇りました。

事例紹介:白に黒の縁取りノースリーブタイトワンピース

【Before】
バレンシアガのノースリーブタイトワンピースをお預かりしました。白に黒の縁取りのデザインが特徴です。

【After】
生地に色柄のあるアイテムを水洗いすると、柄からの色が他の部分に移ってしまうなどのトラブルがよくあります。ハッピーケアメンテなら、ご覧のように黒縁部分から白いブラウス部分に色移りすることなく、黄ばみを取り除くことが可能です。

【Before】
ワンピースを裏返した状態です。裏地も全体的に黄ばんでしまっていました。

【After】
「アクアドライ ワンピース」やリプロンによって、裏地の黄ばみもすっきり除去。美しい白さが蘇りました。

【Before】
シミや黄ばみが目立つ色のワンピースですが、脇部分の黄ばみが特に気になります。

【After】
水系洗浄とリプロンを組み合わせることで、汗による黄ばみも綺麗に落とします。色柄もののシミ・黄ばみもハッピーにお任せください。

フォローする